こどもの整形・リハビリテーションを遊びとともに楽しく
あそびと発達リハビリクリニック

MENU

スタッフブログ

リス
クマ
ウサギ
カンガルー
コロナとこどもたち
ドクターの部屋

コロナウイルスが日本に侵入してから概ね1年半が過ぎようとしています。

いつ終わるともしれないコロナウイルスとの戦いには誰もがストレスを感じ、疲れていると思います。昨年4月に入園や入学したこどもたちは、1年半の間、友達や先生とはマスク越しやPC画面越しでしかコミュニケーションをとれません。団体生活を始めコミュニケーションの技術をみがく大変重要なときに、多くの人々の顔の表情を見て感じとることができないこと、友達と自由にしゃべること、ふれあうことを禁止されていることは、今後のこどもたちの精神発達に何かしら大きな影響を与えているのではと危惧しています。もちろんコロナウイルスの感染拡大の防止は喫緊の課題であることは言うまでもありません。ただ大人の論理をこどもたちに無理に押しつけているのではないかといつも思っています。そんな思いの中おもちゃ使用やリハビリ訓練ごとにアルコール消毒をする職員に感謝している毎日です。

(9月14日 院長 服部 義)

2021.09.14
0562-57-2866 0562-57-2867
〒474-0041
愛知県大府市吉田町半ノ木60番地1
診療時間 ・ 曜日

● 受付の締め切り時間 午前12:00/夕方17:30
● 休診日 日曜日・祝日
● [★]は、リハビリ診察・乳児健診・乳児股関節外来・精密診断書外来は行いますが、一般診察は行いません
● 緊急受診を希望される方はお電話でご連絡ください